【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターXが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【ゲーム批評】ゲームマスターX批評者情報

どんなプレイヤーが語る批評なのか?については、とても重要なこと。

「操作系統が雑で難しい」と言う人が、アクションヘタクソだと意味不明だが、

アクションに精通した人が言うと、確かに操作系統が雑なんだなと説得力を帯びる。

というわけで批評者情報を語ろう 

 

 

 

批評者情報

 

まず、どういうプレイヤーが批評しているのか?について語らないと始まらない。

 

【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評運営者であるGMXことゲームマスターXは

ファミコン時代からのプレイヤーで、ン十年以上のゲームプレイヤー歴がある。

 

高知能と高操作技術を併せ持ち、プレイジャンルは区別無く何でも楽しめるが、

好きなジャンルはRPGとアクション。特にアクションRPGとなるとたまらない。

 

しかし、数字が上だとか効率的だとかの、誰でも出来る楽な手段しかしないような

よくあるテンプレイは、薄っぺらいただのテンプレイヤーのやることであり、

ゲームマスターXは数値や効率に囚われず、情熱やこだわりをゲームで表現していく

 

 

つまり、どういうことかというと……

  

たとえば、ドラゴンズクラウンプロのエルフを使って、足だけでラスボス倒すとか。

 

エルフの主力は弓矢攻撃で性能は高いし、更に長押し発動の精霊魔法もある。

他にもマジックアイテムやクロスボウなどの即席武器も強力だけども、

これらメイン攻撃を禁止すると、貧弱な足攻撃だけで倒さなくてはいけなくなる。

メイン攻撃有りでバランス調整されているため、敵は一気に強くなりかなり厳しい。

 

この足攻撃が十字キーの方向とあわせて多様なキックに変わるため、

それを状況にあわせ正確に入力しつつ、的確に立ち回っていかなければならない。

間違っても、高火力攻撃でゴリ押しなどできないということは、見てのとおり。

 

これはさすがに無理か…と思って半分諦めかけたこともあったが、

パターン把握や操作習熟を突き詰め、最終的に最高難度クリア、と超楽しめた( ´,_ゝ`)

 

ガンランスが好きすぎて、防具縛りでアイテム使用も回復のみなどしていたら

モンハンワールド発売日の1週間ちょいくらいでこんな戦い方ができるじゃないか!と

着地キャンセルの連続で叩きつけまくる秘奥義・無形瞬天葬MHW式を編み出し、

難しいがなんとか慣れた結果、ガンランスでついに形になったこともあった、とか。

 

一応、モンハンワールドでやった縛りについての解説もおいとくか( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

 

高い攻撃力でゴリ押しして倒すのは、ヘタクソでもできること。

つまり、テンプレイである

 

しかし低い攻撃力だと、敵の攻撃パターンを完全に把握するのが大前提だし、

それに完璧に対応し続けられる精神力と反応と操作技術による迅速精密な操作も必要。

 

そして、マルチプレイで戦うような相手を主人公のテレシア武闘家ひとりで戦い、

チマチマダメージ与えながらも、大技を山場としてうまく使いこなす楽しみもあり

結果として、ノーダメージにならなかったもののなんとか倒せたとか、

 

ローグレガシーというアクションゲームで、弾幕のようなボスの攻撃をスルスル抜け

ダメージを一切受けずに倒しきるのも、発想から攻略、そして実現する能力が必須など

これはかなりアツいものがあり、数時間、非常に濃いプレイを楽しめた( ´,_ゝ`) 

 

 

ドラクエ11やってる人にはネタバレになるけど、こういうプレイもした。

ドラクエ3自体一番好きなドラクエシリーズだし、ドラクエ11プレイした後の余韻と

その感動も全力で引きずったままプレイしたので、素晴らしいゲーム体験になった。

 

仁王という、和風ダークソウルなかんじのアクションゲームでも

ツルハシが気に入ったので、ツルハシ一本でクリアしていくことにした。

斧に分類される武器種で、間違っても軽装で華麗に立ち回りながら戦う武器ではなく

重武装でゴリ押しするのが前提の、振りが遅い使い勝手の悪い武器。

更にガード禁止でノーダメージを達成するなど、かなり楽しめた( ´,_ゝ`)

 

 

 

と、このように何らかのテーマを掲げ、そこにアツさを見出すプレイで表現する。

 

つまり、あるステージでSランクを取る~などのプレイはよくあるテンプレイであり

トロフィーコンプリートのように、用意された遊び方しかできないようなのは

どれだけ達成しようとただのテンプレイヤー。実際には上級者でもなんでもない。

 

真の上級者とは、自身の何たるかをゲームをもってカタチにする、表現者。

それを表現するには、操作技術は当然として、知能、創造性も求められる。

ただの数値や効率しか見えないプレイヤーは、ゲームに遊ばされてるに過ぎない。

自身を表現するための、本当の意味での思考を捨てたただのテンプレイヤーである。

 

それについては、ここの最後の方に書いてある「真のゲームプレイヤーとは」にある。

記事の内容についてもあわせて読むと、更に理解は深まる。

 

そうして、すべてのゲームプレイヤーの最上位に位置するゲームマスターXは、

これを伝えるべく、ゲーム配信をしたり、コラム書いたりこうして批評している

 

 

また、ネット対戦やネトゲをやったにしてもほぼほぼ個人行動で終始する。

ゲームマスターは基本、マルチプレイをせず、シングルプレイで遊ぶからだね。

ゲームと向き合うということは、人と向き合うということではない。

 

また、トロフィーに代表される、ゲームにおいて用意された条件を踏破するなど、

そうしたテンプレイに興味ない。

 

ゲームを遊ぶということは、用意された条件をクリアするという単純な事ではない。

それはゲームに遊ばされているということで、ゲームを遊ぶという事ではないからだ。

 

そんな、

ゲームを楽しむという事が何か?に気づき、自分だからこそ最高に楽しめる遊び方を

発想、構築、実行する能力の有無こそプレイヤーの真のレベルが問われるということ

 

そして、高い感応力によって、そのゲームの世界を克明に思い描き、没入したり、

キャラクターに強い共感、シナリオに熱く共鳴など、強い感受性もまた条件となる。

 

それは、自分だからこそ表現できるゲームプレイのカタチにつながっていき、

そういうものだと思い込んでテンプレイに支配されていたときよりも

よりゲームにアツく向き合えるし、楽しむことのレベルが雲泥の差だと気づくはず。

 

こうして、

ゲームの醍醐味を更に引き出せる者こそゲームマスターであり真の上級者。

 

そんなプレイヤーが、ゲームを批評していることを理解した上で読み進んでほしい。