【GM】X・ザ・ゲーム批評(仮

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターXが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【Fujitter158】バーズテイル4ってあるじゃん?ジャン?JAN?This game language is english. oh no

やあ( ´,_ゝ`)ふじさんだよっ☆=-キラリッ

そういやバーズテイルってなんだろう?

聞いたことがあるような気がするが……

  

 

 

 

 

 

つい先日、

バーズテイルなるPCゲームが発売された。

 

一部の古参ゲーマーどもには垂涎もの

胸湧き踊るゲームらしく、

一部で盛り上がってる!

 

 

 

………らしいんだけど、

ゲームマスターはどうもピンとこない( ´,_ゝ`)

 

 

 

バーズ、テイル……?

 

 

 

 

 

バーズ……テイル…………

 

 

 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001214443j:plain

鳥の……尻尾?( ´,_ゝ`)

(Bird's.....Tale?)

  

 

なんだ?

鳥の尻尾が重要アイテム?

 

 

伝説の鳥を追いかける者?

 

 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001212736j:plain

( ´,_ゝ`)?

  

古くからあるゲームの4作目が

満を持して発売!って事なんだけど、

これは調べないとわからないなってことで

ちょろっと調べてみると………

  

f:id:gamemasterfujisan:20181001203231j:plain

Bard's Taleだった( ´,_ゝ`)

つまり吟遊詩人の……

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001203539j:plain

尻尾?( ´,_ゝ`) 

 

ますますよくわからないけど、

とりあえずそういう事らしい。

 

バーズテイルで、その4作目。

 

 

 

よし、スチーム様にお伺い( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001203943j:plain

あったあった( ´,_ゝ`)これか!

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001204112j:plain

ア?( ´,_ゝ`)

 

JAP?眼中ナイネ( ´,_ゝ`)

と言われてしまう始末( ´,_ゝ`)

 

母国語ジャップなゲームマスターでは

シナリオありきな感じもするこの英語ゲームを

放送でプレイするのは、ちょいと考えてしまう。

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001205143j:plain

バーズテイルってゲームはファミコンでもあって

たぶん、よくわからないから避けてたやつ。

まったくプレイした記憶が無い( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001205708j:plain

元はPCゲー。

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001205758j:plain

PC98画面( ´,_ゝ`)

こういう雰囲気よこういう雰囲気!

在りし日のPCゲーム画面( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20181001210103j:plain

なぜかジジイどもがジョジョ立ち( ´,_ゝ`)

 

完全に英語ってことだけど、

むしろゲームマスターは英語ゲームの

ゲームそのものを知覚するプレイとしての

抵抗を極めて少なく出来る圧倒的利点を推す

 

言語による定義というひとつの正しさ

それを阻害してしまうということ。

 

日本語だと、日本語の範囲の中だけの何かで

それを取り入れる方向ができあがってしまう。

 

ゲームマスターの英語力はさほどでもなく

文章の意味を読み解けるほどはないし 

単語もさほど覚えてもいないけど

なぜか頭に入っている単語も案外多く、

仮に意味のわからない単語だとしても

スペルの読むための数々の法則は体感にあり

それを読みあげること自体は問題ないため、

語感や音声からイメージを知覚に飛ばせる。

 

言語の意味はわからないとしても

ゲームとしてプレイし実行していくうちに

入出力からそのシステムが何なのかを知覚でき、

その体感からそれらを把握し、対応できる。

 

つまりはゲームシステムという言語で

ゲームと会話し、読み解くということ。

 

会話は気合いと根性と愛と情熱!

国籍も人種も言語も関係ない( ´,_ゝ`)

 

そうして通じ合える会話には熱がある。

真に理解しあおうとする気持ちが一致した時

言語の壁が至高のスパイスとなるのだ( ´,_ゝ`)

 

そうして英語ゲームを満喫していく中で、

入り込む為に単語の意味を理解すべきなら

時折単語の意味を調べ没入の助力としていく

 

これは、

日本語のゲームでは得られない醍醐味( ´,_ゝ`)

 

というわけで、

古くからある老舗PCゲーの新作という事で

ちょいとやってみるかな?っていうのが

今回の話の落としどころ( ´,_ゝ`)

 

PC98時代から新作を渇望され、

ン十年ぶりに満を持して世に出た新作だし

今までバーズテイルをプレイしてないなど

要素含めてこんなチャンスは滅多にない。

 

その他の雑念は知覚への没入の妨げになり

そもそも英語のゲームでもあるし、って事で

放送外でプレイしてくるよ( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ