【GM】X・ザ・ゲーム批評(仮

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターXが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【Fujitter169】放送するに至った起源やチャンネル名変えた裏話

わたし忖度しないのでドクターXをオマージュしたゲームマスターふじさんのイメージ画像レビューサイト批評

やあ( ´,_ゝ`)ふじさんだよっ☆=-キラリッ

今回はゲームマスター放送の起源や、チャンネル名変えたことの裏話になる。 

 

 

 

 

 

 

 以前、仕様にかなり不満のあったFRESHLIVEの無料チャンネルサポート完全終了とか

 

クソバグゴミカスゲであるドラクエビルダーズ2についての問題を伝えるために

放送でもリンク貼ったり、放送詳細にその不誠実な問題点を書いて放送してたら

規約違反のためShowroomという配信サイトで配信権限を剥奪された経緯もあり

同時配信先が一気に2つも減った2019年始だったわけだけど、

現在、OpenrecとYoutubeニコニコ動画の3点に絞って高画質配信を試みている。

 

で、実際配信先を3つに絞った現在、まあ、これでいい気がしてきた( ´,_ゝ`)

しかし今後、配信先を3つ以下にする気はないので、もし減るなら3つに調整していく 

 

更に今回、放送チャンネル名を変更した事についてと、その裏話でもしようか。

 

Openrecはゲームマスターふじさんの生プレイ公式チャンネル」だったのが

ゲームマスターの生プレイTV【公式】」に変更。

 

YoutubeゲームマスターふじさんThe非実況局」だったのが

ゲームマスターの生プレイTV」へ変更。いずれにしても、これらに共通するのは

   

一方通行の配信形式であるテレビのイメージ画像

TV。

 

そうした一方通行な配信形式であるテレビという事を強調することにした。

というのもゲームマスターの放送は、コメントに対して応答をしないのが基本( ´,_ゝ`)

 

いわゆる動画配信サイトの放送は、視聴者がコメントつけ、それに対しリアルタイムで放送者側が反応しコミュニケーションをとれるという相互関係が最大の特徴だけど

テレビや、ネットの動画コンテンツ配信は一方通行なのが基本。ラジオもそう。

 

Openrecにはラジオカテゴリを指定できるし、しっくりくるのでそうしてる。

そのため、ラジオにしようかと一瞬思ったけど、TVにした。

 

というわけで、テレビだからコメント返さないんでよろしく( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

 

 

 

また、ニコニコ動画のほうは変更なし。富士山を世界文化遺産のままでいく。

 

このコミュニティ名は、まるでゲームを連想させないというのもあってか、

ゲームコミュニティという認識をあまりされていなかった時期が長かった気がするし

放送当初は知識でドヤりだす大した事のない猿どもが湧き続けうっとうしかったね。

 

誰に言ってんの( ´,_ゝ`)?っていう

 

今でこそゲームマスターを名乗ったり、創設から6年という活動期間もあるわけで、

ニコニコ界隈では、このコミュニティや、その運営者がいったいどんな者なのか?も

だいぶ周知されていったかと思える。そしてコミュニティ名は今後も変える気は無い。

 

これは、ゲーム配信者としての自分の基点でもあるからだね( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

 

このゲームマスターが、なぜゲーム配信者となったのか?というのは、

ゲームを楽しむってことがあまりにもわかってなさすぎるやつらがドヤってる現状が

ゲーム業界全体の問題でもあり、心底うっとうしさを感じていたことと、

ただのテンプレ通りの遊び方ではゲームを真の意味で楽しむという事にはならないなど

その本質を伝えるためには、実際に自身が配信者側に立たなければならないと考えた。

 

しかしながら、6年もやってるけどコミュニティレベルは14のまま。

肉声で応答しない放送っていうのは、それだけでかなりのハンデキャップを背負うけど

そもそも、くだらないやつらときゃっきゃうふふする気がないってのもまたひとつある

 

もちろん、今後も変わらず、ただの知識法則でドヤドヤして必死に上に立とうとする

薄っぺらい低能知識猿は徹底的に見下していく。偽者に用はない( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

 

真の上級者を探していたというのも大きな理由だったからだね。

生放送始めた理由のひとつがそれ

 

今まで、知識垂れてドヤるも能力証明したやつは誰一人としていないし、

能力を見抜くプレイヤーも現れず、どんなプレイをしているか?もまったく観えず、

テンプレ唱えて、まるで上級者気取る勘違い野郎ばかりだったというのもあり、

この界隈には、もはや真の上級者は存在しないのだなと結論づけた。

 

それが、4年6ヶ月経過した時点の話。もちろん、善良なプレイヤーは問題ないが、

その間、ドヤドヤするがその知識に相応しくない、薄っぺらい勘違い猿しか現れず。

 

それから、この【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評を立ち上げ、

今まで色々書いてきた放送コミュニティページにも、記述は最後と終わりを宣言した。

 

高知能かつ高技能の持ち主であり、効率に囚われない真の醍醐味を引き出す者として、

ゲームに遊ばされるのではなく、ゲームを遊んでいくことがどういうことかももちろん

数値が上か下か程度の基準だったり、無駄なく効率的かだけのよくあるテンプレイとか

その程度のことで偉そうになるただのテンプレ知識くんは、実は最下級の者という事を

認識してもらう必要があると判断した。即ちこれらはゲーム業界の未来を潰す癌である

 

本当に習熟していくプレイヤーは、テンプレイだけに自然と囚われないものだし、

問題なのは、大した事のないただのアホが、ただの知識法則しか合ってない能力で

まるで善良なプレイヤーの上に居るかのように錯覚し、ドヤり始めて支配しだす点だ。

 

これは、ゲームがうまい、すごい人は総じて知識が豊富でその理解も的確だからだけど

無能なやつがそれを見て理解できるものは「知識面の正解」しか見えない点が大きい。

 

そのあたりが、勘違いしだしてドヤる要因でもあり、知識以外何ひとつ合ってないなら

上に居る者のそれとは本質をまるで違えている事すら気づく能力がないことでもある。

 

そもそもからっぽなのに上に立とうと必死になるやつってのは、大した事がないし、 

ゲームを手っ取り早く上達できる(したように見えてるだけのハリボテだが)よう

知識いっぱい仕入れ、ただの数値や効率通りに正解選ぶのが一番楽だと気づいただけで

動機の時点で既に薄っぺらくみすぼらしい。こういうプレイヤーは中身が無い。

 

もし君がそうなら残念だし、

もし君のまわりにそんなのが居るなら、少なくとも君はそうならないように努めよう。

 

知識は能力ではない。

真の上達とは、プレイヤー自身の知能と知覚、そして身体的技能の昇華のことである。

 

そしてそれはどっかで拾った「知識という魔法」に頼っては得られない真髄ということ

  

 

  

さて、話変わるけど、

そういえばこのサイトの名前や「ゲームマスターふじさん」も変えようかと思ってた。

 

ゲームマスター榊原とか、ゲームマスター朱雀とか、ゲームマスターXとか

フェニックス・ザ・ゲームマスターとか、大魔王ゲームマスターとかとか。

 

一部ネタくさいけど、変えようと思ってたのは事実だし、結構真剣でもあった。

 

が、結局変えることなくきてるし、今後も変わることはないんじゃないか。

f:id:gamemasterfujisan:20190101094250j:plain

激怒したときの噴火も、ふじさんじゃないとしっくりこないからなあ( ´,_ゝ`)

 

でもゲームマスターは、変える候補として結構有力ではあった

 

どこの誰かわからないが、権威に縛られず信念を貫き、能力も確かな者である点から

 

わたし忖度しないのでドクターXをオマージュしたゲームマスターふじさんのイメージ画像レビューサイト批評

ドクターXのイメージがしっくりきたため( ´,_ゝ`)結局、変えなかったけども

ナントカXって、昔から「凄腕+正体不明」ってイメージの代名詞でカッコイイし、

今後もしかすると、もしかするかも?

 

ゲームマスターふじさんのロゴ

こういうロゴイメージや

 

ゲームマスターふじさんのゲームマスターっぷりをあらわしたロゴ

これも1年以上使ってるけど、ある日あっさり変えるかもしれない( ´,_ゝ`)

 

「【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評というサイト名はかなりしっくりきてるし、

ゲームマスターといえば【GM】。これは絶対に外せない。確定事項。

 

また、一人称が「ふじさん」じゃなくなると、どうもしっくりこない。

チャットで自分を表現するときは、やはり「ふじさん」がしっくりくる( ´,_ゝ`)

 

というわけで、引き続きゲームマスターふじさんでいくことにする( ´,_ゝ`)

  

 

  

とか思って書いてたらふつふつと……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評サイト運営者である忖度しないゲームマスターふじさん改めゲームマスターXとなったツイッターの画像

( ´,_ゝ`)

 

 

やっぱ変えた( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ 

 

ゲームマスターふじさんのアイコン画像ゲームマスターXになったあとのやつ

このアイコンは、人間の顔に見えるよう錯視を狙ったものでもある。

 

GとMの部分は目、富士山を世界文化遺産にの部分は、口であり歯。そのため

Xは鼻にあたる部位に配置してみた。空に大きくXとしてもよかったけども

 

そうするとニコニコ生放送のほうの麻宮アテナたんとのコラボアイコンが成立しない。

 

ゲームマスターふじさんのアイコン画像ゲームマスターXになったあとのやつだけどボツになった青い大きなX

最初はこんなかんじに大きく配置していたが、より鼻に見えるように小さくした。

 

ターミネーターの骸骨骨格画像でゲームマスターXのアイコンモチーフでもあるf:id:gamemasterfujisan:20190123140634j:plain

これっぽくて早速気に入った( ´,_ゝ`)

 

 

というわけで、ゲームマスターで試験的にやってみることにする( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

 

ただしURLやメアドなど、変更すれば無視できない障害になる部分は変更しない。

その点は安心してくれ( ´,_ゝ`)☆

 

さてさて、2019年に変貌を遂げていくGMXことゲームマスターふじさん。

今後どのように変化していくのか?自身でも楽しみなところだった( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ