【GM】X・ザ・ゲーム批評(仮

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターXが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【Fujitter132】前回の狙撃箱庭FPSゲー探し話の続き☆

やあ( ´,_ゝ`)ふじさんだよっ☆=-キラリッ

狙撃箱庭FPSな前回の話の続き。

 

 

 

 

 

  

前回、クッソ偉そうでドヤ口調した割に

誤字放置で大した知能もなさそうな

薄っぺらく上級者ぶってる糞の話だったけど

なぜこんなみっともないゲーマー(笑)の

サイトなんか見たのか?といえば………

 

広大なオープンワールドを闊歩しつつ

狙撃してまわれるFPSRPGを探してて、

ストーリーとかムービーとか面倒なので

そういうの一切ナシでただただ放浪でき、

気が向いた時にプレイして狙撃して終了とか、

そんなオープンワールドFPSないかな?

そういう流れで今に至るんだけども

なんかそれっぽいのみつけたので

ちょいと買ってやってみた。

 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180904221818j:plain

それがTheHunterってやつ。

名とパッケージからしてそれっぽい( ´,_ゝ`)

サブタイトルがまた

Call of the wild( ´,_ゝ`)それっぽくて良い

 

というわけで早速プレイして

ワイルドどもをハントしてみたんだけど…

 

 

 

 

いやー( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180904221958j:plain

重い( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

……何がって?( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20180904222034j:plain

一匹一匹が非常に、重いのよ( ´,_ゝ`)

 

 

重量的なアレじゃなくてね( ´,_ゝ`)

 

 

とにかく、一匹発見するまでが大変で

目視確認するためにとにかく隠密行動し

足跡の向きや種類、糞の新しさから大体察し

2種ある鳴き声から現在の位置を見定め、

しかし普通に立って走るどころか歩いても

遠方から野生動物に察知されてしまい、

ササっと逃げ出されてしまう( ´,_ゝ`)

 

なので目視確認以前の段階の、

先ほど言った様々な事後情報から

「そろそろ近いな」と大体の位置を推測し

 

そこからしゃがみ歩き!

 そうしてノロノロゆっくり近づいていく。

 

で、それだけで完璧かといえばそうでなく

しゃがみ歩きだろうと近づきすぎると

またもや野生動物に察知されやり直し。

 

しゃがんで歩いていても

音は鳴るし匂いもするんだろう( ´,_ゝ`)

 

で、開けた視界の地形ばかりでなく

大体は腰~胸元あたりまで伸びきった草や

茂みや枝、樹木や岩なんかに視界を遮られ、

当然ながらしゃがむと更に見えなくなり

野生動物が見えるハズの距離でも見えない。 

 

だからもう本当に、

多様な事後情報からおおよその位置を定め

しゃがみながら感覚を研ぎ澄まし歩き、

まさに「ハンターの勘」にまで昇華しつつ

野生動物が動く音が聞こえてくるまで警戒し

粘り強くしゃがみ歩きし続けて…………

  

と、ここまでの経過を成功させて

やっと野生動物を発見できるので

そこからやっと狙撃の腕で戦えるんだけど

スナイパーライフルがまた取り回しがクソで

クイックショットのできない狙撃仕様。

 

つまり、 

スコープ覗き開始からしばーーーーらく

発砲できないっていうたまにあるタイプの

クソ狙撃仕様。

 

 

この時点でもう終了( ´,_ゝ`)

このFPSは終了( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)

 

 

って本来はそこで終わるんだけども…… 

 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180904223653j:plain

でもこの

「一匹が重い」

ってのが妙にジリジリと焼きつき

ゲームマスターの知覚を熱く焦がしていく

  

f:id:gamemasterfujisan:20180904223713j:plain

今回、残念なことに

このゲームマスターの求めるFPSではなく

プレイをやめるって結末にはなったけども、

このゲーム自体はハンティングに特化した、

かなり焦がれるアツい狩りFPSとも思えた

  

f:id:gamemasterfujisan:20180904223833j:plain

特に狙撃銃のクソ仕様が決定打で

ゴミ箱にポイが通例なハズなんだけど…

 

f:id:gamemasterfujisan:20180904224012j:plain

野生動物を追いたて、

その習性からくる情報で状況判断し

ハンターの勘にまで昇華させながら

発見、狙撃して狩りをしていくという

このゲームのコンセプトは素直に感心。

 

とりあえず今回はやめるけど、

また別の機会にプレイすることになりそう

 

もしかすれば配信プレイするかもしれない。

 

でも、もしやるとしてもかなーーり地味で

狙撃以外の時間はただウロウロしてるだけ。

 

で、さきほど語ったような流れなので

狙撃するのも1時間に1回とかだし、

1回狙撃しても即死は滅多に無く、

頭当たっても生きてるというタフさ。

 

野生、恐るべし……( ´,_ゝ`)

 

しかし当たれば流血しだすので、

ほっといてもそのうち手負いで死ぬ。

 

f:id:gamemasterfujisan:20180904233358j:plain

そのため、その血痕を追っていくことで

いずれ死体を発見でき調べればこの画面に。

 

どこに銃弾が当たったのかもわかり、

経験値と金を手に入れることができる。

 

これはもう、逆に言ってしまうと

死体発見できないと徒労に終わり

銃弾も無駄弾になってしまう( ´,_ゝ`)

 

これがイイカンジにシビアで素晴らしい。

 

血痕を辿ればほぼ確実に見つけられるので

このくらいのシビアさもまた良し( ´,_ゝ`)

 

全体的なハンティング仕様を見るに、

ゆっくりじっくり腰据えて狙って狙撃し

ハンティングする…って造りと見受けられ、

あのクソ狙撃仕様もある意味納得できるため

総合的には確かにコレで良いかな……?

 

でも( ´,_ゝ`)やっぱダメだ

このクソ狙撃仕様にイライラするわ

 

って、

思いのままにガトリングタイプしてたら

結構長くなってしまった( ´,_ゝ`)

これじゃGMゲーム紹介だね( ´,_ゝ`)

 

Fujitterとは、

いろんな企画がごちゃまぜになって

垂れ流されるかもしれない場所。

 

暇な時にでも

Fujitterナンバリングをずっと読んでくと

いろんな話が読めていいかもね( ´,_ゝ`)

 

さてさて、引き続き探すか( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ