【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターXが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【GMメモ】ネルケと伝説の錬金術士たちの第一次最終感想

f:id:gamemasterfujisan:20190214195610j:plain

ネルケと伝説の錬金術士は、是非ともアトリエファンこそプレイしてほしい( ´,_ゝ`)

本来なら関わりあうことのないアトリエキャラ同士の会話の中に

きらりと光る原作キャラ設定もあり、原作プレイ済なら更に楽しめる内容。

シナリオ展開も、それぞれのアトリエ原作の設定を適用したり、ニヤりとできる。

 

街作り経営ゲームとしては、シナリオが進むとじょじょに複雑になっていく体感。

複雑になるという事は手ごたえも出てくるし、その分管理官としての達成感も増す。

その一方、途中から「利益下がるが管理簡略化できる仕様」が追加されることも。

 

更に難易度の上がる仕様が実装されたにしても、少しばかり頭使える人なら

本来なら複雑になってくるはずの仕様を逆手にとり、多少無視できるし 

こうした、細かい工夫のできる余白があることはゲーム性としてとても重要。

何も考えず街作りするのとでは手法が変わる醍醐味もあり、素晴らしい。

 

ただの街作り経営ゲームとしてみても、ゲーム性も高くとても楽しめているし、

そもそも素材から錬金し依頼達成する流れは、従来のアトリエプレイヤーなら

馴染み深い仕様とも思え、経営SLG初体験でも比較的、適応しやすい。

これを機に、新たな世界の扉を開けてみてはいかがだろう( ´,_ゝ`)か?

 

ここから買うとGMXに数%の収益が入るため、支援活動にもなる( ´,_ゝ`)

 

次の新作ゲームプレイは2月14日発売のジャンプフォースPS4のため、

もし日記3~と続いてく時間的余裕がある場合に限るけども、

そうした仕様の穴を突くような醍醐味も含め、特に好きな会話について語る予定

 

 

関連記事