【GM】X・ザ・ゲーム批評(仮

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターXが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【Fujitter187】黒い砂漠の低能勘違いテンプレ上級者と終わらせたい試験放送が終わらない件について

ゲームマスターX黒い砂漠低能テンプレ勘違い上級者大漁!~知識でしかドヤれない無能な人工知能たち~サムネ画像

イエス( ´,_ゝ`)GMX☆=-キラリッ

黒い砂漠の低能勘違いテンプレ上級者と試験放送についてと新作アトリエのライザプレイについて

 

 

 

 

 

  

( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

こんな顔にもなる( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

 

数えること5か月以上前になるか( ´,_ゝ`)

そのあたりから、負荷テストを含めた様々な試験的意味合いを含めた放送を行っており、その流れから

  

つい1か月ほど前に、ようやく負荷テストも結論出て新パソコンを導入した。とはいっても、「テセウスの船」状態なので、部品の大部分を組み替えたに過ぎない。つまり、パソコン自体を丸まる買い替えたわけではない

 

テセウスの船ってナニ?( ´,_ゝ`)って興味深く思ったら、まずFujitter186を読んでみよう

 

そして現在も負荷テストは続いている。

残りの部品といえばGPUは確定で、あとはその他検討中の部品数点。これについては既に交換した部品についても再検討する余地はあり、もしかすれば更なる交換へ…となるかもしれないし、ならないかもしれない

 

f:id:gamemasterfujisan:20190829124502j:plain

あと、前回で性能に直接的に関わる主なPCパーツのみ記載したけど、PCファンやらPCクーラーやらもあるので、もしかすれば試験放送が終了した時点でまとめて伝えることになるかもわからない( ´,_ゝ`)

 

もし興味あればこのゲームマスターXへ要望を出してみてくれ。それらを伝える確率は高まるかもしれないし、内容の多さにも関わるかもしれない

 

パソコン以外にも色々と出費があったけど、それらについても、もしかすれば…?

  

 

  

ゲームマスターXライザのアトリエ新作プレイ画面タイトルパッケージ

で、この「試験放送が終わらない」って事態が思いのほか深刻で、新作プレイのライザのアトリエにこのまま突入してしまう…ということでもある

 

正式放送ではオープニング、個別オープニング、生プレイ、閑話休題、休憩、エンディングという構成で進行しているため、試験放送のままこれらを行っても締まらないし、コレジャナイ感は強い

 

なにより、負荷テストも含めるため不意に中断してしまうことだってありうる。新作プレイでこれはしたくないという強い想いはある

 

試験放送を一時的に終えるのも違い、いったん本放送に入ったのにまた試験放送にすぐ戻るのも微妙

 

あとひとつ、無視できない問題点もあり、これも今回の継続に大きく関わっている

 

ゲームマスターXNAIR不具合異常問題いつまでも直さないクソゴミ運営

N AIrについてなんだけど、この画面の右端がたまーーーーーーに何か重なったような表示になり、このプレビュー画面のサイズが微妙に小さくなってズレこんでしまうのだ

 

ゲームマスターXNAIR不具合異常問題いつまでも直さないクソゴミ運営縮小症状発生証拠画像

その画面がこれ。わかるかな?

 

N Airのこの不具合はゲームマスターとしては致命的な問題で、高速スライドを巧みにチマチマ操作してオープニングやら何やらしている以上、操作中に画面サイズが変わってしまうと、1ミリのズレもなく完璧にあわせて別要素へ移行しているというのに、配信画面が大きくなったり小さくなったりして違和感バリバリになってしまう

 

この時点で

すべてが台無し

 

この症状はwindows7の頃からあったが、ある時期を境に急に発症しだした。そしてただのOS相性の問題でwindows10になれば改善されるものと思えば、まるでそんなことはなかった

 

f:id:gamemasterfujisan:20191003133235p:plain

で、これがなぜ発症するのかというと、TABキーによって有効なボタンを移動させてRECに合わさったとき、またはRECにマウスカーソルが合わさったときにこうなることが判明している

 

で、これがわかったとして完全な対処などできない。

 

不意にマウスカーソルを合わせてしまうかもしれないし、ALT+TABによるメインウィンドウ切り替えでN AIRを見ようものなら、たまーにこれが発症するため、利便性や実用性の観点からも、もはやどうにもならず、対策など、ない( ´,_ゝ`)

 

そもそもこの程度、なぜ直さないのか?

 

 

  

ゲームマスターX黒い砂漠マップ画面の市街方向カーソルにクリック判定が残ってクリック無効になるクソゴミゲ仕様永遠に直さないカス運営

黒い砂漠というクソテンプレ攻略知識ドヤドヤ勘違いカスプレイヤー大漁の、マップ画面にある市街方向矢印になぜかクリック判定が残ってるため地面や市街指定に支障しかないクソゴミゲカーソル不具合問題を、サービス初期から指摘しているにも関わらず数年も放置したままにして今も尚プレイの弊害となりそのまま残しているという狂気にも通ずるものがあり、寒気がやばい

 

特にゴミどもが偉そうにテンプレ知識掲げる割に、目の前のゲームマスターXというプレイヤーがどういうプレイヤーでどんな技能で遥か格上かどうかすら見極める知能もなく、ただのテンプレ攻略とテンプレ無能固有のつまらないテンプレイを前提にしてしかドヤれないばかりか、その助言がお門違いで誤りだったのにも関わらず謝罪すらせず言いっぱなし逃亡するニコニコ生放送のくだらない低能テンプレイヤーどもと同じ香りがして尚更寒気が加速し会いたくて震えてくる

 

最もひどかったのはこいつら( ´,_ゝ`)実生活でも似たような事をしていると思われる

ひげっ - ID 6603068

ゲスト - ID 88181792

 

知識や、蓄積したゲーム進行の差程度で上にいるかのように錯覚していると、このようにお門違いな勘違い低能上級者になってしまう。君たちも気を付けよう

 

そしてニコニコ大丈夫か( ´,_ゝ`)

ニコニコ生放送をもっと振るわせ、利用してほしい狙いもこめて作ったんじゃないのかね( ´,_ゝ`)ちょいと気が緩んでやしないか?

 

みたいなこともあり、これがいつ修正されるかわからないが、完全な正式放送に戻る準備ができていないなら、完全に準備が整うまで試験放送は継続しよう、というのが今回の結論となった

 

そして試験放送のまま、ライザのアトリエをプレイする事になるかは思案中。とりあえず負荷テストも兼ねる試験放送は、現状維持で引き続き行っていくこととした

 

ゲームマスターX黒い砂漠クソテンプレ知識勘違い上級者大漁のクソゴミカスゲ

尚、黒い砂漠の放送は決定通りにナシ。

 

ただゲームでお膳立てされたシステム効率通りにレベル50以上にし、これだけアクション性高いゲームだというのにただただ覚醒技ブッパゴリ押しでドヤって作業する寒い勘違いアクションプレイヤーだらけで、しかもどっかで仕入れた生活上げ効率高いテンプレ作業してただただ継続して上げただけなのに相手見極めず上級者ぶって教えだすという猿だらけなクソゴミゲMMOかつ、いつまでも不具合修正しないで放置しプレイヤーの操作性、快適性を損なったままにしているゲームなど、放送でやる気なし( ´,_ゝ`)

 

大体、3ケタスタックガーww装備強化ガーwwwン億ゴールド一瞬で燃えたwwwwなどといったシステムの限界を追及してるかのような発言が絶対的な価値観を持ってる時点でプレイヤーレベルもお察し

 

それだけじゃないだろう?

 

地上の風景も実に素晴らしく、広大な海原をも航海でき、その没入感たるや、生活要素の充実度と、そこらへんにある何かからも多様な稼ぎ方がある本作も鑑み、これら自由度については本当に、筆舌尽くしがたい

 

とにかく、世界が素晴らしい

 

 

  

ゲームマスターXは、これほどまでに多様性に溢れた素晴らしい生活MMORPGで、その多様性溢れる疑似生活を高い満喫度で維持するためレベル49で留めるという構想を練り、実行し一貫してきた

 

その生活水準を抑えることで相対的に労働者の採集や、自身のあらゆる生活系行動からの収益の価値を高める発想をし、それをまだレベル50以上になっていない段階で感応し構想にまで詰め、実行へ移し実際に超満喫して体現しているプレイは、真の上級者にしかできないことである

 

際限なくシステムの限界まで何の考えもなく、まるで人工知能のように白目むいてよだれたらしながら用意されたシステムのレール通りに生活水準をあげてしまった結果、満足いく収益となる手段が狭まってしまい、運営側から用意された通りの当たり前な最終要素である、強化ガースタックガーテンプレガーなどしかやる事がなくなっていくお粗末なプレイヤーになってしまう

 

なぜ、これだけ課金要素が豊富なのか?

この課金要素って、その「用意された」システムをその通りの手段で追及していく過程で、必要になるものばかりではないかな?

 

つまり、どんな無能でも継続していれば到達できる程度の、ただのテンプレイである

 

このゲームマスターXが黒い砂漠の価値の高さを伝えるなら、このゲームのアクションは本当に、秀逸で素晴らしい。なぜこんな生活系MMORPGの枠でこれほどまでに極まったアクション性を導入しているのか自体がとても不思議でならないが、何であれ、最高峰のアクション要素を満喫できたことには、黒い砂漠を初期の頃にプレイしたことと、それから数年ぶりに再プレイしその違いを感応できたという点で、復帰の価値は十二分にあったと声を大にして伝えたい

 

これほどまでに素晴らしく懐の深いアクションで、マウス視点をゆったりのっそり動かし、最高でも70度角程度しか動かさず、しかも敵背面を取り続けることや、敵の攻撃を移動攻撃技で位置ずらしして範囲外へ逃げるなどもせず、群がる敵をただ正面から最大火力スキルぶっぱなしてポチポチしてしかアクションできないってのは、どこまでいっても真ですらもなく、ただの上級者ですらない中級者止まりのプレイヤーである

 

それがいかに高Lvだろうと

まったく、関係は、ない

 

 

君たちは、この「知識」をもとに、改めて周囲のプレイヤーを査定し、真なる意味で、その技能と資質からなるプレイヤーレベルを見極める能力と眼を養っていってもらいたい

 

 

 ────── ゲームマスターX

 

 

 

( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ